野立て太陽光は日射量と実発電量が勝負!【ソーラーフロンティア SF160】

太陽光発電システム

SOLARFRONTIER 太陽光発電システム設置工事行いました。

整地工事を行い、スクリュー架台、太陽光パネルを取付けて行きます。

ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は実発電量が違います!

真夏の晴天時、屋根の上の太陽電池モジュール温度は約60~80℃に達し、出力ロスが発生。CIS太陽電池は、結晶シリコン系に比べて温度係数が小さいため、高温時の出力ロスを小さく抑えられます。
※3 1000W/m2照射時、最大出力温度係数CIS(SF170-S):-0.31%/℃ 結晶系:-0.41%/℃を元としたイメージ図です。
※4 モジュール温度が75℃の場合、一般的な結晶系モジュールと比べて。

『静岡県内で太陽光発電システム設置工事!』
ソーラーフロンティア 太陽光パネルSF160 スクリュー架台設置。    次世代家電専門店への挑戦!!エルイマイ株式会社 …

コメント

タイトルとURLをコピーしました